会社情報

当社の歴史

戦前~戦中

当社は1949年に現在の「東駿電気鉄道」という名前に変わりました。

その前は1938年までさかのぼります。相模駿河電気鉄道が御殿場線の補完路線として、松田~御殿場間で開業し、1941年に相模川の砂利輸送を御殿場の軍需工場用へと倉見~松田間を延伸されました。しかし、太平洋戦争の戦況は悪化してしまい、さらに東方への延伸工事はストップしてしまいます。戦況悪化による不況で、相模駿河電気鉄道は経営悪化し、当時東京の西側の私鉄を手中に収めていた五島慶太率いる、東京急行電鉄に吸収され、東急相模線と改称します。

一方東京では1930年に中野と大森を結ぶ山手急行電鉄が開業していました。

しかし、山手急行電鉄も経営を東京急行電鉄に譲り渡し、東急大森線と東急杉並線に改称します。

戦後 1945~1950

太平洋戦争が終わった後、東京急行電鉄は解体されまた相模駿河電気鉄道に戻りました。軍需工場はなくなりましたが、東京山手地区の復興には丹沢地方の木材やセメントが必要となりました。相模駿河電気鉄道は松田のセメント工場を買収し、列車によるセメント輸送を倉見まで行い、相模川から水運で東京・横浜へと運搬していました。

しかし、相模川で水運を行うには限界があり、鉄路による横浜方面への輸送計画を建てます。

1946年に倉見~篠原町(現:新横浜)着工、貨物駅とリンクするようにしました。

1949年には山手急行電鉄の玉川園(現:東駿玉川)~篠原町間を着工するとともに山手急行電鉄と相模駿河電気鉄道は合併し、「東駿電気鉄道」と改称しました。

成長期 1950~1970

1956年に玉川園~篠原町間が開業。東駿本線の中野~御殿場間がつながりました。

1960年、国鉄静岡駅の北側に造った地下駅(静岡中央)と身延線の西富士宮を結ぶ静岡鉄道富士宮線が開業します。

1964年の東海道新幹線の開業と同時に篠原町駅は新横浜駅と改称します。

1968年、静岡鉄道は富士宮線を東駿に路線を譲渡し、西富士宮~御殿場間をつなげる計画が浮上します。

大成期 1970~1990

1973年には計画が実行され5年の建設期間を経て、

1978年、東駿本線は東京中野~静岡中央間が全通し、特急型車両10000系を新造し、駿河特急を走らせます。

また翌年には証券で一部上場し、大手私鉄の仲間入りを果たします。

1980年、地上の中野駅に加え、地下の中野駅が開業し、池袋まで延伸します。

1988年には当社初のVVVFインバータ制御車である3000系を導入し省エネに貢献するとともにブルーリボン賞を受賞しました。

 

完成期 1990~2010

1990年、羽田空港の沖合い展開工事とともに空港線汐大森~羽田空港間を延伸工事着工します。

1996年、延伸工事が完了し、山手地区から空港へのアクセスがしやすくなりました。

同時にエアライナー用10500系を導入し、スーツケースを収納するブースを設置しました。

2000年には駿河特急10000系を置き換える20000系を新造、駿河特急を「しずおかライナー」と愛称変更しました。


2007年、交通系ICカードPASMOを松田以東で導入し、お客様の利便性がさらに高まりました。

2010年 池袋駅の拡張工事が完了し、中野~池袋間の複々線化も完了しました。これに伴い中野駅の地上ターミナルは廃止され、東京側の列車はすべての列車が池袋発着になりました。